フリー・ジュニアアカデミー (Free JuniorAcademy) は、小学生のための、無料学習サイトです。

エビングハウスの忘却曲線(ぼうきゃくきょくせん)

海馬くんは、短期記憶なので、すぐに忘れてしまうと説明しました。では、どのくらいのスピードで忘れてしまうのでしょうか?

エビングハウスの忘却(ぼうきゃく)曲線

記憶と忘却(忘れるという意味)時間の関係を理解するには、まず、「エビングハウスの忘却曲線」という、超有名な実験結果を知る必要があります。

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスは、意味のない3つのアルファベットの羅列(られつ)を、被験者にたくさん覚えさせて、その記憶がどれくらいのスピードで忘れられていくかを実験し、調べました。その結果を、グラフ化したのが「エビングハウスの忘却曲線」です。

画像の説明

記憶は、どれくらいのスピードで忘れられていくか?

この実験から、20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後77%、1ケ月後79%が忘れてしまうという結果が出ました。

この結果からわかったことは、
1、記憶は、覚えた直後に、どっと(半分近く)忘れてしまう。
2、残った記憶は、ゆっくり忘れていき、長く保持される。

記憶を忘れにくくする方法

ただ、「人間は忘れる動物である!」と示しただけでは、何の意味も持たないので、その結果を利用して、忘れにくくする方法を考えてみましょう。

画像の説明

このグラフは、同じエビングハウスの忘却曲線に、定期的な復習をした場合の記憶率を記入したものです。つまり、「人間は忘れる動物である!」という事は事実だが、「定期的に復習をすれば、その記憶は確実に定着していく!」という事の方が、もっと大切であるという事です。

効果的な復習のタイミングとは。

では、どのタイミングで復習すれば効率的なのかが重要です。
上記のグラフを見れば、いつでも復習さえすれば、記憶はよみがえります。そして、そのたびに記憶の定着率はアップしています。ただ、やはり人間は忘れる生き物なので、すぐに忘れてしまうのです。

もし、テストが2週間後なら、いつ復習すればいいのでしょうか?2週間前に復習しても、結局すぐに忘れてしまうのです。記憶は、覚えたそばから急速に忘れはじめて、1日たったその後は、ゆっくりとしか忘れていきません。つまり、テスト直前に復習すれば、よいということになります。しかし、本当にそうでしょうか?

反復しない記憶は、短時間の使い捨て記憶

ポイントは、
1、何のために(いつまで)記憶するのか?
2、どれくらいの完成度で記憶するのか?
という事です。

もし、そのテストの時だけ記憶しておけば良いのなら、直前がベストです。
そして、100%の正確な記憶が必要でないのなら、直前でもOKです。

つまり、記憶しても、反復して復習しない限り、すぐに忘れてしまうし、テストで正しくこたえられる記憶の数は、100%ではなくなってしまいます。そんな、記憶法は一時的に、合格点をもらうには優れているかもしれませんが、結局、記憶に費やした時間や努力は、無駄に消え去ってしまいます。これは、人生を無駄にする使い捨て記憶法だと思います。

再認可能忘却と完全忘却

では、できるだけ早めに復習をするのは、何が優れているのでしょうか?
決定的な違いは、このグラフで現れていない点にあるのです。つまり、1日後の74%忘却と1ヵ月後の79%忘却では、記憶の鮮明さで違いが出ているのです。できるだけ早く復習すると、記憶が鮮明のため、忘れていても短時間でよみがえります。それに比べ、1週間以上経過したあとで復習しても、ところどころ完全に忘れてしまって、初めて記憶した時と同じ時間が必要となるのです。この違いを、再認可能忘却(さいにんかのうぼうきゃく)と完全忘却(かんぜんぼうきゃく)といいます。

つまり、忘れているというのは、すぐに思い出せる状態の忘却と、完全に忘れている忘却に分かれるという事です。ですから、1日後の74%忘却と1ヵ月後の79%忘却では、復習するのに必要な時間が違います。1ヵ月以上後では、はじめから覚えなおさないといけない状態になってしまいます。

効率的な復習のタイミングはいつか?

そこで、効率的な復習のタイミングは、

1、覚えた直後に、復習する。(数分間でもOK)
2、1日後に、再度復習する。
3、1週間後に復習する。
4、2週間後に復習する。
5、1ヵ月後に復習する。
(多くの人は、覚えた直後の復習をしていない)

つまり、完全に忘れないうちに、そして、簡単に記憶がよみがえるうちに、ササッと短時間で復習することが、効率的な記憶法になるのです。

記憶には熟成期間が必要?

直前に記憶するより、前もって数回に分けて記憶したことを復習することが、効率的な記憶法だと説明しましたが、もうひとつ、早めに記憶する利点があります。

記憶は、時間をたつことで、より理解が深まり、整理整頓されて、脳にとって利用しやすい記憶になります。この現象は「レミニセンス」と呼ばれ、寝ている間に夢などをみて、他の記憶とつながっていきます。(できたてのカレーより、次の日のカレーの方が、他の具材と調和しておいしくなるみたいなものかもしれません。)

ですから、学習した内容が、レミニセンス効果により活用できる知識となるには、ある程度の時間が必要となります。早めの暗記と繰り返しの復習が効果的なのは、そのような理由からです。

エビングハウスの忘却曲線

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional